HOME > 仲間たち > 営業部 林 孝次

仲間たち

2

2014年入社
営業部

林 孝次
HAYASHI KOUJI

林 孝次

入社してからの感想

入社動機

私は中途入社で信和建設に入社しました。実は同級生が元々新卒で信和建設に入社していたんです。その同級生が、信和建設のことを「一生働いていきたい会社」と言っているのを聞いたことがきっかけでした。「そんな会社本当にあるのかな」と興味本位で面接を受けてみたところ、他の社員の方々からもそのような雰囲気を感じられたので、入社しました。

入社前後のギャップ

入社する前は、良い話ばかり聞いていたので、正直少し不安はありました。ただ、入社してみたら良い意味でギャップがありましたね。前職時代は工場勤務だったのもあって、オフィスで働くということをあまりイメージできていなかったんですよね。いざ入社してみるとコミュニケーションが盛んにとられていて、働く環境としてはチームワークも取れていて、すごく働きやすいなと感じました。特に人間関係でぎすぎすしているような感じがなくて、常に互いにコミュニケーションを取りながら進めていける感じがよかったですね。

現在の仕事内容

基本的には、土地を所有している個人のオーナー様へ訪問営業を行っています。あとは、建てた建物に対する周辺地域の方からのご意見やご要望への対応等も行うことがあります。建物が1つ建つということは、周囲の人にも大きく影響のあることです。だからこそ、1つ1つのご意見にもきちんと向き合うことで、その地域に建てた建物がなじむまで、しっかりサポートをしていきます。

やりがいを感じる瞬間

入社して間もなく、まだ営業の場で使われる専門用語の意味さえもわからなかった時期に、上司から受注した案件の工事を執り行うまでの準備の業務を任されました。その時は「やるしかない」と思って、わからないなりに、お客様と向き合って、1つ1つの依頼に対し、一生懸命答えていきましたね。むしろそれが自分に唯一できることだと思ったんで。その積み重ねで、今までお客様から上司に連絡が来ていたのが、徐々に自分宛に連絡がくるようになったことに気づいたんです。その瞬間、「この仕事をやっていてよかったな」って思いましたね。そして、周辺の住民の方のご意見・ご要望への対応を通して、向き合う姿勢が認められ、新しいお客様を紹介していただくようなこともあります。そんな時、「しっかり向き合った甲斐があったな」という気持ちにもなりますね。

信和建設の魅力

儲かるだけの仕事をしない、自分たちの儲けだけを考えてお客様が苦しむような提案はしないところが、魅力かと思いますね。不動産の営業マンの中には、客観的にみて、無茶のあるような建物でも(例えば郊外の土地を持つ人に都市型のマンションを提案する等)自社の儲けを得るために、高額な建物を提案する人もいます。一方、信和建設の場合、そういった提案を行おうとする人がいたら、「本当にそれはお客様のことを考えた提案になっているのか」と必ず誰かが止めに入ります。そうしたお客様に対する姿勢こそが、「人のよろこびを自分のよろこびとする」という企業理念を、全うしているように感じますね。また、仕事がしんどいなと感じる瞬間はありますが、一度も辞めたいなと思ったことがないんですよね。辞めたい・逃げ出したいではなく、このしんどい時こそ、逆に成長の糧となるなと思える環境が信和建設にはありますね。

今後の目標

今後も営業成績を上げ続けていきたいです。今は、いろんなお客様からお仕事をいただけるようにはなったんですが、今後も定期的に売上をあげることができるか、それが課題ですね。また同世代で切磋琢磨し合える同期のような存在がいるので、その人に負けないようにしながら、一歩一歩進んでいきたいですね。

林 孝次

タイムテーブル

08:00
08:30
朝礼
09:00
お客様との打ち合わせ・営業回り
09:30
10:00
10:30
11:00
11:30
12:00
お昼休憩
12:30
13:00
営業回り
13:30
14:00
14:30
15:00
15:30
16:00
16:30
17:00
会社に戻り、上司への営業報告、提案書等の書類作成
17:30
19:00
退社
一覧へ戻る

既卒で就業経験のない方は「ENTRY」にて、中途採用の方は「キャリア採用」にてエントリーください。

エントリーはこちらから中途採用についてはこちらから

  • 信和建設株式会社
    〒532-0024 大阪市淀川区十三本町1丁目12番15号
    TEL:06-6302-4848 FAX:06-6302-4847 MAIL:info@shinwakensetsu.com
>>